(染谷さん(仮名)/51歳男性/山形県在住/職業:葬儀屋)

先日、教習所に通う費用を借りるためにキャッシングを利用しました。
うちは親の代から葬儀屋を営んでいますが、最近になって業績が悪化。
従業員には申し訳ないんですが、人員を減らす必要が出てきたんです。
そこでこれまでは若手スタッフに任せていた現場に私自身も出ることになり、そのためには設備の運送や送迎などで、普通運転免許以外の免許を取得する必要が出てきました。
最初、これまで地道にコツコツと働いてきた私は正直、自分が金を借りるということに抵抗がありました。
しかし、一時的に借金という形を取ってしまいますが、これからのことを考えると決して無駄ではないという確信がありました。
大学生の息子二人は県外で下宿、二人とも家計が苦しいことを理解してバイトを頑張ってくれていますが、息子たちにはこれ以上、親の都合で負担をかけたくありません。
とは言っても、仕送りだけでも月20万円になり、半年に一度の授業料二人分と合わせると、これ以上家のお金から教習所費用を出すことは不安でした。
そして、妻と相談した結果、キャッシングに頼ることに。
キャッシングの経験は二人ともありませんでしたが、ATMで気軽に借りられることや、返済方法も初めてでもわかりやすかったので、借入を決意しました。
借入のときに、一応の返済プランはたてましたが、余裕ができれば繰り上げ返済もできるとのことなので、なるべく早めに返せるように節約して頑張ろうと気合いを入れているところです。
これまで自分には縁のないものだと思っていたキャッシングでしたが、今回は本当に助けられました。