キャッシングにかかる利息の相場とは

 キャッシングにかかる利息の相場は、法律を見ることによって一目瞭然でわかるようになっています。
そもそも、キャッシングには利息制限法と言う法律が適用されて一定以上の利息の請求をすることができなくなっているのです。
これは上限金利を設定するための法律なのですが、これがある影響で金額に従った金利しか金融機関は設定することが出来ません。
例えば、キャッシングで1万円程度のお金を借りたときには上限金利として20%の金利を設定することが出来ますので、当然利息もこの範囲で請求することが出来ます。
しかし、キャッシングで100万円のお金を借りると上限金利の最大値が15%になりますので、金融機関はこれ以上の利息を請求することが出来ないわけです。
当然ですが、金利の範囲は上限が大きくなればなるほど、その負担は消費者に対して重くのしかかることになります。
これは融資の金額が大きくなったときも同じで、仮に1万円の融資と100万円の融資で同じ20%の金利が設定できるとなると、必ず後者の100万円のお金を借りている人の方が利息の負担は大きくなってしまうわけです。
同じパーセンテージを設定することが必ずしも平等になるわけではなく、融資の金額に従って上限を決めるほうが遥かに公平性を加味した融資の契約を行うことが出来るようになるということを忘れてはいけません。
利息の相場も基本的にこの法律の考え方によって成り立っていますので、計算するときにはまずどの程度の金額を借りるかを考えなくてはいけないのです。