自営業ローンについて

自営業ローンとは、自営業を行っている人のためのローンです。
法人を設立して営業しているのなら、法人で契約をすることで借入をすることはできます。
法人設立をせずに、個人事業主として経営を行っていた場合でも借入をすることはできるのですが、一般的な個人として申込をした場合、総量規制の影響があります。

総量規制が導入されたことによって、年収の3分の1までしか借りることができなくなったため、個人で普通に申し込みをすると借りることのできる金額が小さくて役に立たないこともあります。
サラリーマンとして働いている人なら、年収の3分の1くらいにしておかないと返済が苦しくなりますから、この規制には意味はあるでしょう。

しかし、自営業者の場合、ちょっとした設備投資をしようと思ったときでも数百万円くらいの資金は必要となりますから、年収によって規制されると借りることのできる金額があまりにも小さくて役に立たないことも多いのです。
自営業ローンとは、自営業を営んでいる個人事業主を対象としたローンです。
借入の受付で紹介されている金融会社では自営業ローンの利用をすることができません。
個人で契約をする場合であっても、個人事業主として経営を行っているのなら自営業ローンを利用でき、これによって年収の3分の1という規制がなくなります。
個人事業主として経営を行っている必要はありますが、これはどのような意味かというと、事業所得として申告をしている人を刺します。個人事業として届出をしていて、そして確定申告で事業所得として申告していることが条件となる場合が多いです。

たいていの個人事業主はこのように届出や申告を行っていると思いますから、自営業ローンを利用することはできるでしょう。自営業ローンは、銀行などの融資に比べると金利は高くなっていることが多いですが、借りやすいというメリットはあります。消費者金融や信販会社などの貸金業者が提供しているサービスですが、事業者ローンであれば総量規制がかかりませんから、事業資金としても活用できます。